石垣島ダイビング「本当に必要?」

   
       
  •  

      日付:  

     

     

    みなさん、こんにちは。

    石垣島よりダイビングショップKUKURUがお伝えします。

     

    先日、八重山毎日新聞にこんな記事が掲載されました。

     

     

     

     

    ポンツーンとは よく港にある浮桟橋のことですが

    この浮桟橋の巨大版を海に浮かべてマリンレジャーの拠点にするそうです。

     

     

     

     

    上記写真がポンツーンのイメージ。

    この写真はオーストラリアのグレートバリアリーフの物らしいですが

    これに似たようなポンツーンを大崎エリアに浮かべるらしいです。

    ポンツーンの大きさは縦27m×横50mだそうでかなりの大きさです。

     

    グレートバリアリーフのような広大さがあれば良いかもしれませんが

    石垣島の狭い海域にはどうなんでしょう?

    もちろん、ポンツーンを設置することで良いこともあると思います。

    が・・・、本当に必要なのでしょうか。

     

    基本的には

    JTBと八重山漁協とダイビング協会会長の三者が進めた話。

    ダイビング協会の理事や私たち協会員は

    ポンツーン事業決定の話を1週間ほど前に初めて知りました。

     

    新聞の記事ではポンツーン事業の良いことばかりがクローズアップされていますが

    三者の利権が絡んだ事業としか思えないのですが・・・。

     

    皆さんは石垣島におけるポンツーン事業をどう思われますか?

     

    スタッフ:とっつぁん

     

     

     

     

     カテゴリー:KUKURUのブログ    

     
  •    
     
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です