2024年6月9日 石垣島ダイビング日記

   
       
  •  

      日付:  

     

     

    【1本目:石垣島 名蔵湾ジョナサンロック】

    梅雨も終盤戦?
    今日の午前中は「雷雨!!」な予報の石垣島地方。
    出港する時は幾分明るい空でしたが
    ポイントに到着する頃には
    遠くで雷が音を響かせ、稲妻が水面に突き刺さる様子が見えました。
    そして、雨も・・・。
    まさしく、「雷雨」なのでした。

    それでも、水中は平穏そのもの♪
    透明度も良くすっきりとしたブルーが楽しめました~。
    そんなブルーの中をこの季節ならではな魚たち。
    リーフ上には
    ネオンテンジクダイにグルクンの子供たち。
    そして、小魚を狙い数匹のハナミノカサゴが浮遊してました。
    夏に向けて賑やかさを増し続けている石垣島の海です。

    岩影では、以前から住み着いているアカククリの子。
    ふた回りほど大きくなっていて
    アカククリらしさが出てきました。

     

    スタッフ:とっつぁん

     

     

    「世界最大級?なコモンシコロサンゴ」

     

     

    【2本目:石垣島 名蔵湾ハイパーコモンの根】

    世界最大級?と言われていた
    このポイントのコモンシコロサンゴの群体。
    石垣島エリアの海には
    比較的たくさんのコモンシコロサンゴがありますが
    ここのコモンシコロサンゴは群を抜いています。

    そして、その大きさもですが
    まわりに群れる魚の多さにも驚きです。
    コモンシコロサンゴを覆い尽くすように群れるモンツキスズメダイ。
    さらにその上ではクロリボンスズメダイが大挙し
    デバスズメダイやアカネハナゴイたちが乱舞。

    陽射しが無く、水中がすこし暗かったのが残念でしたが
    有り余るほどの華やかさでした。

     

    スタッフ:とっつぁん

     

     

    「オレンジとアオウミガメ」

     

     

    【3本目:石垣島 大崎ハナゴイリーフ】

    風が穏やかになってきたので
    3ダイブ目は大崎エリアへ移動です。
    雨の影響で水面は濁っていましたが
    1m潜れば、ブルーの世界でした♪

    エントリーして
    まずはゆっくりと水深を下げていきます。
    そこには、黄色のジョーフィッシュ♪
    だいたい、巣穴から顔を出してくれているのですが今日は・・・。
    穴はあるものの主役の姿はなく・・・。
    しばらく粘ってみましたが
    最後までイエロージョーは見れませんでした。
    また次回にね。

    カメ三昧なダイビング。
    岩場と同化するように体を預け
    気持ち良さそうにお昼寝中のアオウミガメ。
    その向こう側からは
    呼吸から戻ったアオウミガメ。
    最後はユビエダハマサンゴの下で
    キンギョハナダイ&アカネハナゴイを眺める?アオウミガメ。

    呼吸の上がる時には
    オレンジ軍団と一時のコラボレーション。
    なかなかキレイには撮れないけど
    まさに「絵になる風景」なのでした。

    スタッフ:とっつぁん

     

     

     

     カテゴリー:ダイビング日記    

     
  •    
     
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です